全身脱毛のメリット・デメリット。脱毛する前に知っておきたいこと!

おすすめの脱毛サロン・医療脱毛

今やテレビや街中でたくさん広告を目にするようになった脱毛。

老若男女問わず、脱毛は非常に身近なものになってきおり、特に20代の女性を中心として脱毛を受ける方が増加しています。

脱毛には様々な施術コースがあり、体のパーツごとに脱毛をするコースから、全身を一度に脱毛する全身脱毛コースを選択することが可能です。

これから脱毛を受けようとしてしている方や、脱毛を検討している方で、「せっかく脱毛するのだったら、全身を一度に脱毛したい」と考えている方はいませんか?

また、全身脱毛を受けることで得られるメリットや、反対にデメリットが何なのかが気になる方もいると思います。

そこで、今回の記事では全身脱毛のメリットとデメリットに加えて、全身脱毛をする前に知っておきたいポイントについても紹介します。

全身脱毛のメリット!脱毛するとどんな良いことがあるの?

全身脱毛を行うことでどのようなメリットを得られるでしょうか?以下に紹介します。

長期的に見てお得

全身脱毛の施術料は、クリニックで受けるレーザー脱毛なら約30万円、サロンで受ける光脱毛でも約20万円程度かかります。

一見すると費用は高いですが、将来自分でムダ毛処理をする際に必要な費用がかからなくなるという点では長期的に見てお得です。

例えば、剃刀代等に月1,000円かかるとすると、年間12,000円必要となり、30年で36万円必要となります。

20代から数えて50代で36万円必要になるのであれば、先に全身脱毛をしてしまえばこれ以上費用はかからないため、長期的に見ればお得です。

衛生的に保ちやすくなる

女性に多いトラブルとして、デリケートゾーンのかゆみがあります。排泄や月経による経血・ナプキンの蒸れが原因で、雑菌が繁殖しかゆみが発生してしまうのです。

VIOゾーン特に、肛門周辺は排泄物や月経時の経血がつきやすい場所ですので、一層デリケートゾーンが蒸れやすくなり、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

そこで脱毛をすることで、雑菌の繁殖を抑え、デリケートゾーンを清潔に保つことができるのです。(参考:ミュゼ公式サイト https://musee-pla.com/parts/article/hygiene/)

ムダ毛処理の必要がなくなる

ムダ毛の脱毛、特にIゾーンやOゾーンは自分では見えずらいため、自分で処理をすることは非常に難しい場所でしょう。

そのため、不用意に自分で脱毛をしてしまうと、肌トラブルが起こる可能性が高くなります。(参考:LIGH WAVE公式サイト https://www.1001.jp/removal/if-you-hurt-your-skin)かといって、人に頼んで処理をしてもらうのも気が引けますよね。

また、部位を問わずムダ毛は定期的に処理しなければならず、この作業には時間と手間がかかるため、面倒くさいと思う方も多いです。

全身脱毛をすれば、定期的にムダ毛処理をする必要がなくなります。

オシャレがしやすくなる

全身脱毛を受けることで、着ることができる服の選択肢が増えます。

これまでムダ毛が残っているかも知れないという不安や、人の目線を気にして服を選んでいた方も、自分が着たい服を着れるようになるのです。

また、全身脱毛でVIOの毛も施術してしまえば、下着や水着も好きなように着られるようになります。
肌が綺麗になる
全身脱毛をすると、毛がなくなり肌がすべすべになります。(参考:トイトイトイクリニック公式サイト https://toitoitoi.clinic/article/6364/)

また、剃毛によって黒ずんでいたところがなくなり、毛の色によって全体的に黒くなっていた肌を全体的に明るくすることが可能です。

顔の脱毛も行えば、毛が邪魔することが無くなるため、化粧のノリが良くなるメリットもあります。

全身脱毛をするデメリットってあるの?

全身脱毛をすることはメリットだけではなく、デメリットもあります。デメリットは以下の通りです。

短期的に大きいお金が必要になる

前述の通り、長期的に見れば脱毛にかかる費用はお得になります。しかし、短期的に見れば大きな費用を払わなければならないのはデメリットでしょう。

しかし、最近では分割払いや月額払いができるサロンやクリニックもありますので、大幅な出費をある程度抑えられるようにはなっています。

施術完了まで時間がかかる

脱毛効果の高い医療レーザー脱毛なら約1年で施術が終了し、サロンの光脱毛なら約2年程かかります。

また、脱毛の効果は人それぞれ違うため、人によっては追加照射が必要になったり、別のクリニックやサロンで施術を受け直す必要がでる可能性があるでしょう。

また、比較的スケジュールを調整しやすい学生や主婦の方と比べて、会社で働いている方は仕事の関係で、なかなか時間を取れないことも多くあります。

予約がなかなか取れないサロンや、クリニックなおさら施術に必要な時間が増えるでしょう。

そのため、施術が完了するのに最低でも1年必要になるということはデメリットになります。

肌トラブルになる可能性が高くなる

現在広く行われている、医療レーザー脱毛や光脱毛は肌にレーザーや強い光を当てることで毛の細胞を破壊するため、どうしても肌に負担がかかります。

サロンやクリニック各社は肌トラブルが起こらないよう、施術を工夫したり注意して施術をしていますが火傷といった肌トラブルが起こる確率はゼロではないでしょう。

特に全身脱毛は広い範囲で施術をするため、部分ごとの施術に比べても肌トラブルが発生する確率が高くなってしまいます。

部位によって効果に差が出ることがある

人間の体に生えている毛の太さは、部位ごとに違います。脱毛機は毛に含まれるメラニンに反応するため、毛の太さによって効果に差が出てしまうのです。

そのため、全身脱毛を受けても部位ごとに効果の差が出る可能性があります。

効果に差が出てしまえば、追加の照射が必要になる場合も考えられ、追加の費用がかかってしまう場合もあるでしょう。

しかし、追加照射を無料または非常に安い価格で行ってくれるところもありますので、脱毛の契約前に必ずコースの内容を確認してください。

全身脱毛をする前に気をつけておきたいポイント

全身脱毛をすることにはデメリットもありますが、それに対応できるサポートもあるため、メリットの方が多いでしょう。

しかし、メリットばかりに目が行き、安易な気持ちで脱毛を受けてはいけません。

脱毛を受ける前に必ず気をつけてほしいポイントが7つあります。そのポイントを以下の通り紹介します。

ポイント1.日焼けは厳禁

脱毛機は、毛の中に含まれているメラニン色素に反応します。

日焼けをしてしまうと肌全体にメラニンが拡がってしまうので、本来毛のみに反応するべきレーザーや光が肌にも反応してしまい脱毛の効果を下げてしまうのです。(参考:キレイモ公式サイト https://kireimo.jp/column/epilation-sunburn/)

また、日焼けをしている肌は紫外線によって傷ついている状態のため、施術を受けてしまうと火傷などの肌トラブルになる場合があります。

そのため、脱毛を受けている間は日焼けをしないように気をつけてください。

ポイント2.使用する脱毛機が自分に合うかをチェック

サロンやクリニックによって採用している脱毛機は違うため、脱毛機によっては満足のいく効果がでない可能性があります。

せっかく高いお金を払ったのに効果がなかったというのは絶対に避けたいところなので、契約前の無料カウンセリングでテスト照射を受けてみましょう。

また各社、初回限定で部分脱毛をお得な価格で受けられるキャンペーンを行っていますので、そちらを受けてみて効果があるかどうかを確認することも可能です。

ポイント3.施術前のムダ毛処理は必須

脱毛の施術を受ける前には、ご自身でムダ毛を処理することが必要です。

ただし、サロンやクリニックによっては別料金ですが、剃毛補助のサービスがありますのでそちらを利用することもできます。

ポイント4.生理中は施術場所によっては施術不可

生理中はデリケートゾーンの脱毛は受けることはできません。施術中に経血がシート等につくことで、感染症が拡がってしまうリスクがあるためです。(参考:キレイモ公式サイト https://kireimo.jp/column/epilation-menstruation/)

しかし、その他の部分は脱毛することが可能です。

ポイント5.持病によっては施術を受けられない

持病がある方全てが脱毛を受けられないということではありませんが、持病の種類によっては脱毛を受けられない場合があります。(参考:ビューティースキンクリニック公式サイトhttps://beautyskinclinic.jp/media/why-you-were-refused/)

例えば、甲状腺の疾患をお持ちの方で、施術によって身体的な負担が大きくなると判断される場合は施術を受けることはできません。

ポイント6.妊娠中は施術不可

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化し、人によっては肌のトラブルが起こりやすくなったり、痛みを敏感に感じてしまうことが想定されます。

また、妊娠中はホルモンバランスが変化することで、体毛が一時的に太くなったり増えたりすることがあるのです。(参考:ミュゼ公式サイトhttps://musee-pla.com/column/question_06/)

毛の生え方が安定しない状態で施術を受けてしまうと、施術の効果が下がってしまいます。

これらの理由から、多くのサロンやクリニックでは妊娠中の施術を受けることができません。

ポイント7.飲酒後、アルコールが抜けていない状態での施術は不可

飲酒をするとアルコールの効果で血管が拡張し、体温が上昇します。

この状態で施術を受けてしまうと、かゆみといった症状がでやすくなってしまうのです。(参考:ミュゼ公式サイト https://musee-pla.com/faq/conditions/)

そのため、飲酒後アルコールが抜けていない状態で施術を受けることはできません。

まとめ:全身脱毛はメリットが多い!

以上が、脱毛をする前に知っておきたい全身脱毛のメリット・デメリットやポイントになります。

全身脱毛をすることは、メリットだけではなくデメリットもありますが、それに対応できるサポートもあることもお分かりいただけたでしょうか?

総合的に見れば全身脱毛を受けることで得られる恩恵は大きいといえるでしょう。

しかし、全身脱毛を受けることができるサロンやクリニックの数は非常に多いため、どのクリニックやサロンが良いのか、どの脱毛方法が良いのかなど様々なことを検討する必要があります。

安易にサロンやクリニック選んでしまい、満足のいく効果を得られなかった、肌トラブルになったということは絶対に避けたいところです。

そのため、各社が実施している無料のカウンセリングを受けたり、口コミを見たりすることで、各社の情報を集めて自分に合ったサロンやクリニックを見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました