キレイモの剃り残しはどこまでOK?シェービング代はかかるの?

脱毛

脱毛の前日までにしなければいけないのが自己処理。

ただ、光の加減や自分では見えづらい部分によっては剃り残しが出る場合もあります。

サロンによってはシェービング代が有料になるケースもあるので、事前にしっかり確認しておきたいポイントですよ。

そこで今回は、キレイモで脱毛をするにあたり剃り残しはどこまで許容されるかについて説明します。

また、脱毛箇所に剃り残しが見つかった場合はシェービング代が別途発生するのかについても紹介するので、キレイモで脱毛を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

キレイモの剃り残しはどのくらいまで許容されるの?【部位ごとに解説】

キレイモでは、シェービング代はかかりません。なぜなら、料金プランにシェービング代が含まれているからです。

ただ、あまりにも剃り残しが多いと施術の時間が短縮され、予定どおりに脱毛が出来ない場合もあるので注意しなければいけません。

ここからは、どのくらいの剃り残しであれば許容されるのかを部位ごとに解説していきます。

Vラインの剃り残しについて

自分で直接見ながら処理できるVライン。

自分での処理が難しいといわれるIラインやOラインと比べて自己処理がしやすいので、キレイにお手入れしておきたい部位になります。

そんなVラインで剃り残しが見つかった場合、基本的にはシェービングを行ってもらうことが可能です。

ただ、Vラインの脱毛は、自分の好きな形に整えられたり毛量を減らせたりするので、それぞれ目的に合わせたお手入れが必要です。

例えば、逆三角形や長方形、楕円形など自分の希望の形に脱毛したい場合は、6回程度脱毛して毛量を減らしてから形を整えていきます。

最初から好きな形に脱毛すると、いきなり毛が生えている状態になるので見た目にも不自然です。

1回で毛が生えてこなくなるわけではないので、初めの6回程度は全剃りで脱毛することが望ましいといえます。

毛量を減らしたい場合も同じく、全剃りで全体の毛量を減らしながら残す毛を決めていくのが最適です。

毛量や毛質の変化を感じるまでは6回程度の脱毛が目安になりますが、人それぞれ変化のスピードも異なるのでスタッフに相談しながら決めましょう。

Iラインの剃り残しについて

直接見ながら処理することが難しいIラインは、丁寧に剃ったつもりでも剃り残しが出てしまいがちです。

シェービング代が無料とはいえ、施術時間を十分に確保するには事前の自己処理が欠かせません。そこでおすすめなのが、鏡で確認しながら自己処理を行う方法です。

直接目で確認しながら自己処理をするよりも、キレイにお手入れすることができます。

鏡を上手く使うコツとしては、スタンドタイプのものを選んで見えやすい角度に置くことです。スタンドタイプなら安定感もあるので剃ることだけに集中できるでしょう。

ただ、Iラインは繊細な部位なので、お手入れで肌を傷つけてしまうリスクもあります。

キレイに剃ることも大事ですが、肌を傷つけてしまったら脱毛が出来なくなる可能性もあるので注意が必要です。

Oラインの剃り残しについて

完全に自分の目で見えないOライン。

感覚でお手入れをしてしまうと肌を傷つけてしまう可能性があるので、サロンのスタッフにシェービングをサポートしてもらいましょう。

Oラインは普段人に見られることのない部位になるので恥ずかしいと感じる人も多いです。

しかし、キレイモでは、お手入れ中もタオルで隠すなど恥ずかしくないように工夫をしてくれています。

ただ、どうしてもOラインをお手入れしてもらうことに抵抗がある方は、鏡を利用して自己処理をすることも可能です。

自己処理をする際は、比較的肌への負担が少ない電気シェーバーでお手入れするようにしましょう。

背中の剃り残しについて

自分で剃ることが難しい背中は、施術当日にシェービングを行ってもらえます。

無理に自分でお手入れしてしまうと、肌トラブルの元にもなりますし、剃れたとしても毛がまばらに残っていることも少なくありません。

背中は広範囲ですが、自分で処理できない部位として認識されているので施術当日にスタッフがキレイにお手入れしてくれます。

また、電気シェーバーを持参する必要もないので、手ぶらで来店することが可能です。

衛生面が心配な方は、電気シェーバーを持参すれば、それでお手入れしてもらえるので安心しましょう。

キレイモの剃り残しはどのくらいまで許さるのか?口コミを紹介

実際にキレイモで脱毛している方の口コミをまとめました。

ここからは、剃り残しがどこまで許されたのか生の声を紹介していきます。

口コミ1. 少しの剃り残しは無言で対応してくれる

(27才、女性、事務職、VIO脱毛)
施術の2日前にVラインとIラインを丁寧に処理したつもりでしたが、スタッフさんから「Iラインに少し剃り残しがある」と言われてシェービングサービスを受けることになりました。

一瞬何か言われるかなとドキドキしましたが、担当のスタッフさんは無言で素早く対応してくれたのでとても安心しました。

また、キレイに処理できる方法として、「明るい場所で自己処理をすると剃り残しが少なくなる」というアドバイスももらえました。

口コミ2.広範囲の剃り残しで注意を受けた

 

(34才、女性、営業職、全身脱毛)
翌日に脱毛することが分かっていたものの、自己処理をするのが面倒くさくて当日の朝に適当にお手入れを済ませて脱毛に向かいました。

案の定、剃り残しが足やお腹など多数の部位で発見されて、担当のスタッフさんから「広範囲に剃り残しがあるので注意してくださいね」と言われました。

また、続けて「2~3ミリ程度の毛の長さであれば照射可能なので、全身を1度に処理しなくても3日間に分けてお手入れするともっと負担が少なくなる」というアドバイスもしてくれました。

最終的に剃り残しがあったすべての部位のシェービングサポートを受けられましたが、処理に時間がかかり過ぎると施術が途中で終了する場合もあるとのことなので、次回からしっかりケアしようと感じました。

口コミ3.背中をキレイにお手入れしてくれた

 

(32才、女性、主婦、全身脱毛)
自分で毛を剃れない背中は、当日シェービングのサポートを受けられるということだったので、何もケアをしていない状態でサロンに向かいました。

背面の脱毛に差し掛かったところで、「背中のお手入れに入ります」と一声かけられ電気シェーバーで毛を剃ってもらえました。

また、時間短縮のために2人体制で処理と施術を同時に進めてもらえたので脱毛が早く終わりました。

月額制やスペシャルプラン、パックで剃り残しがある場合はどうなるの?

従来は、月額制プランのみシェービング代が発生していたのですが、2019年11月よりキレイモのすべてのプランにおいてシェービング代が料金プランに含まれることになりました。

そのため、月額制や回数制など、キレイモのすべてのプランにおいてシェービングサービスを無料で受けられます。

ただ、キレイモは事前の自己処理を推奨しているので、お手入れをしないまま来店して良いというわけではありません。

自分で剃れる部分はしっかりお手入れをしておきましょう。

背中をキレイに剃るのはきつい…。

脱毛するにあたり背中も自己処理が必要だと思っている方もいますが、背中の毛を自分で剃るのはとても難しいです。

また、彼氏や家族にお願いすることもできますが、広範囲であるため毎回お願いできるとも限りません。

キレイモでは、背中は自分で処理できない部位として判断されているので、施術当日にシェービングのサービスを受けられます。

また、自己処理しづらいOラインやうなじ、ヒップもシェービングのサポート受けられるので安心しましょう。

ただ、それら以外の部位は、基本的に事前の自己処理が必須です。

剃り残しが広範囲に及ぶと、すべて照射できない可能性もあるので丁寧にお手入れして脱毛に備えましょう。

タイトルとURLをコピーしました