キレイモの脱毛効果を紹介。回数別に何回で終了するのか解説??

おすすめの脱毛サロン・医療脱毛

脱毛って一体どれほどの回数を行えば効果が出てくるのでしょうか。

効果を確認するにはどういった回数を契約すればいいのか、キレイモの脱毛効果に関して紹介します。

どれほどのレベルを目指して脱毛するのかを目指す効果と検証しながらご確認ください。

脱毛したのに効果がないのは?

もうすぐ夏場がやってくるから脱毛を始めよう!と意気込んで、夏直前に脱毛サロンへ滑り込みで契約。

「来週の海に向けて、さっそく1回目の施術をしてもらおう。

イベントの直前に施術をしてもらい、準備はパーフェクト!そう思っていたら、あれ?毛が残っている……。

」なんて事ないのですか?それは脱毛の仕組みと深いつながりがあります。

その原因を脱毛の種類や特徴、サロン脱毛の回数別効果、また効果を体感しやすくする方法を解説します。

脱毛の仕組み

脱毛の仕組みを説明するため、まずは私たちに生えている毛のことを解説します。

毛は、皮膚から出ており目に見えるところである”毛幹”と、皮膚の中にあり目に見えない”毛根”に分かれます。

私たちの毛を作り出しているのは、”毛根”です。

毛根の根元にある、球状に膨らんでいるところは”毛球”と呼ばれ、毛球の内側にあるのが”毛乳頭”です。

毛乳頭は、毛細血管が運んで来る栄養分を取り込んで、毛球内側にある”毛母細胞”に与えます。

栄養分を受け取った毛母細胞は分裂を繰り返して、次々に細胞を押し上げ、毛は生えています。

しかも、毛には一定の周期で寿命があります。

発毛と脱毛を反復する毛周期というものがあり、”伸びる期”→”退行期”→”休止期”の大きく区分て3つの段階があります。

単純に目に見える毛幹を処理しているのが家庭用脱毛、毛根から処理しているのが医療・サロン脱毛です。

この後各々の仕組みご解説していきます。

家庭向け脱毛

家庭での脱毛というと、お決まりはシェービングではないでしょうか。

カミソリを使用して、目に見える毛幹ところの毛をそっていきます、お風呂でのんびりに全身を手入れする事が可能。

ただし、ちょっと生えてきた事例のチクチク感が気になってしまいます。

第二に人気があるのは、脱毛クリーム。

除毛クリームとも呼ばれる、この手入れ方法。

脱毛用のクリームを塗って、一定時放置する事で毛が処理できます。

肌への負担もカミソリより少ないとされており、お手入れ頻度は少なめで済みます。

これもシェービング同じく、毛幹ところを処理しています。

そして、人気を集めているのがブラジリアンワックス。

主にビキニラインの脱毛に使用される事が多数。

ブラジリアンワックスは、ワックスを肌に塗装、一定時間置いた後、シートを引きはがしていきます。

ワックスと毛が密着して、シートと共に毛の根元から抜いてくれます。

抜く瞬間の苦しみが少しだけある脱毛方法です。

脱毛サロン・医療脱毛クリニック

脱毛サロンでは光脱毛がメイン。

光脱毛は、毛を剃った肌にフラッシュのような光を当てます。

光を当てる事で毛根にあるメラニンに働きかけ、ダメージを与える事で毛を薄く、生えにくくするのです。

医療脱毛は、永久脱毛とも呼ばれ、レーザーを当てる事で毛母細胞を破壊して、永久的に毛を生えさせなくする施術手段。

最後に、ニードル脱毛です。

特殊な電気針を使用して、ひとつひとつの毛穴にニードルを挿入する事で毛根にダメージを与えます。

それにより毛を生えさせなくします。

脱毛したけど効果がない理由

本当は、脱毛しても影響が出にくい要因があります。

どのような理由があるのか、ご解説します。

日焼け・タトゥーが入っている

日焼けをすると、肌が紫外線によりダメージを受けます。

ダメージを受けた肌は、赤く火照っていたり、カサカサ乾燥したりしますよね。

本当は日焼けをした肌は、火傷をしたのと同じといっても言い過ぎではないのです。

脱毛をする事で加えて肌を痛めてしまう事もあります。

また、黒い色に反応する光脱毛では、焼けた肌にも反応してしまい、痛みだけではなく、普通の効果が出なくなることも…。

タトゥーも日焼け同じく、黒いところに反応してしまい、火傷してしまう確率があります。

加えて、タトゥーところに照射すると、色のトーンが変わってしまう事もあります。

それゆえ、タトゥーをしているところは避けて施術されます。

このように、施術できないところの脱毛はできないのです。

生理中や白髪である

生理中の方はVIOなどのデリケートゾーンの施術ができません。

それにより、時期をずらして再施術する不可欠があります。

その上、黒い色に反応する脱毛メソッドでは、白髪(白い毛)も脱毛する事はできません。

これらの理由によって、脱毛しても影響が出にくくなってしまうケースがあるのです。

毛の質に応じて脱毛効果が違う?

毛の質によっても、本当は脱毛効果が異なります。

次は、効果が出やすい毛質と、成果が出にくい毛質について各々解説します。

効果が出やすい毛質

太い毛、濃い毛、剛毛の方は成果が出やすい。

黒い色に反応する脱毛法では、黒ければ黒いほど、濃ければ濃いほど、反応をしやすいです。

効果が出にくい毛質

先ほど、太い毛、濃い毛、剛毛の方は影響が出やすいとお伝えしました。

成果が出にくい毛質は、その反対である、薄い毛、柔らかい毛、産毛などです。

毛の薄いところは照射しても反応しにくいため、脱毛効果が出にくくなってしまうの…。

太い毛、濃い毛も施術をしていくにつれて、次第に薄くなるため、成果を感じにくくなってしまう確率もあります。

脱毛の効果は毛周期にも関係がある?

冒頭に、毛には一定の周期で寿命がある事をお伝えしました。

脱毛の成果には、毛周期にも関連があるそう。

毛には、発毛と脱毛をリピートする毛周期というものがあり、”進行期”→”退行期”→”休止期”の大きく3つの段階があります。

この中でも、成長期は毛を成長を続けている期間です。

成長期に脱毛をすると、成果がちゃんと出ます。

それ以外の頃合は、成果が出にくい時もあるのです。

毛の周期に応じた施術も大事といえます。

キレイモの脱毛効果は?回数別に説明

脱毛の影響の出方について、成果が現れにくくなる条件や、毛質、毛の周期などで異なることを解説しました。

では、キレイモの脱毛効果はどうでしょう? 回数別にどれほどの影響があるのか、調査してみました。

キレイモの脱毛効果|1〜3回

毛が細くなっていくのを体感する方もいますが、1〜3回目ではしっかりとした効果を感じる事は簡単ではありません。

しかし、濃い毛が施術後2週間ほどで自然と抜けてきます。

指で軽くつまむだけでも、するっと抜ける感覚は何とも言えません。

抜ける感覚があるため、続けていく意気込みが入ります。

キレイモの脱毛効果|4~6回

4〜6回目になると、脇などの毛が濃いところの効果が現れはじめます。

毛が細くなったり、生えるスピードが遅くなったりして、ちょっとずつ成果を体感できるはず。

ただし、まだ完璧に毛がなくなるわけではないのです。

キレイモの脱毛効果|7~10回

毛が少なくなり、自己処理のペースがだんだんと減っていきます。

脇やVIOなどは濃い毛が少なくなり、大きな成果を感じられます。

毛の薄い部分については、喜びしとりかかる方と、あまり移り変わりを感じる事ができない方に分かれることもあります。

毛質等により異なるのかもしれません。

キレイモの脱毛効果|11~13回

11〜13回目になると、大きく成果が現れる方もいます。

毛が薄くなり、自己処理も不要になるほど。

しかし、膝や指などの効果が直ちにに出にくい部位について、満足しきれないケースや、まだらに生えてくる時があります。

「そんなに濃くないけども、自己処理の回数を減らしたい」という方はこのくらいの回数でも良いかもしれません。

キレイモの脱毛効果|14~18回

14〜18回目は生えてくる毛が気にならなくなってきます。

回数契約の時は、18回くらいをすすめられる事も多々あるかもしれません。

多くの方が、この回数で一度で満足できます。

しかし、永久に毛が生えてこないわけではないのです。

その先もちょっとでも気になるときが来たら困る、というケースは、脱毛し放題プランを選ぶことをおすすめします。

キレイモの部位ごとの脱毛効果

続いて、キレイモの部位ごとの脱毛効果を解説。

どの部位の脱毛も、毛がなくなるだけではなく、他にも利点があります。

ぜひ、脱毛部位を選定する参考にしてください。

顔脱毛

顔脱毛は、必要ない毛を処理する事で、毛がなくなるだけでなく、他にもプラスの効果があります。

1.毛穴の引き締め成果

2.毛がない事で化粧ノリ膨れ上がる

3.肌トラブルの回避

毛がない事で、肌がトーンアップしてしかも綺麗に見えます。

しかも、カミソリなどで自己処理すると、重要な顔を傷つける可能性があるため、サロンでの脱毛を推奨します。

VIO脱毛

VIO脱毛は、ビキニラインをはじめとするデリケートゾーンの脱毛です。

①水着着用時のムダ毛のはみ出し防止
②生理中の下着のムレ防止
③衛生的

自分で処理することが難しく、デリケートな部分で痛めないようにするには、サロンで脱毛するのがおすすめの部位です。

毛が濃いため、施術の際に少し痛みを感じる可能性はありますが、効果がわかりやすいです。

上半身の脱毛

上半身の脱毛は女性が気になる部分が多い。

特に、脇は毛が太く、効果が目に見えてわかりやすい部位です。

それ以外の上半身の毛は細いため、効果が出るのはあまり早くないかもしれません。

ただし、自分で手入れができない、うなじや背中のシェービングから脱毛までを依頼できるのは、良いですよね!

下半身の脱毛

下半身で一番見過ごせないのは、膝下ではないでしょうか。

自己処理しても、気づいたらチクチクなんて事も…。

下半身は、脱毛の影響がわかりやすい部位。

VIOや膝下は毛が濃く、太いため、早い段階で抜ける過程や薄くなっていく様子がわかりやすいでしょう。

膝などの皮膚の硬いところは、ちょっと成果を感じづらいかもしれません。

キレイモで脱毛効果を実感しやすくするための方法

脱毛の効果をお伝えしました。

実際にキレイモで脱毛効果を体感しやすくするためには、どういった事に気を付ければいいのでしょう?

3つご紹介します!

その①|脱毛前後の自己処理

脱毛前後の過度な自己処理は控えましょう。

脱毛前にはもちろん毛の処理をしておかないといけません。

その場合は、電気シェーバーを使用するなど、ちょっとでも肌を傷つけない技術を取れるといいですね。

脱毛後の自己処理は次回施術の1、2日前までは控えていただくのがベスト。

見過ごせない場合は、先ほども述べたように、電気シェーバーを使用するなど、肌を傷つけないようご用心ください。

その②|飲酒や入浴を控える

脱毛のお手入れ前後12時間は飲酒を控えましょう。

アルコールを脱毛の前後に飲むと、肌トラブルを引き起こす可能性も。

アルコールを飲むと、血流が良くなり、施術箇所に赤みやかゆみが生じてし、刺激により湿疹がでるなど肌にダメージを与えてしまう事も。

アルコールの吸収については、体質によって早い人と遅い人がいます。

分解速度には個人差があるため、”前後12時”は控えておくようにしましょう。

その③|日焼けやタトゥー

日焼けをすると、肌が紫外線によりダメージを受けます。

ダメージを受けた肌は、赤く火照っていたり、カサカサしますよね。

日焼けをした肌は、火傷をしたのと同じといっても大げさではありません。。

日焼け肌に脱毛をする事で他にも肌を痛めてしまうこともあります。

他にも、黒い色に反応する光脱毛では、焼けた肌にも反応してしまい、痛みだけではなく、普通の効果が出なくなってしまうのです。

タトゥーも日焼け同じく、黒いところに反応してしまい、火傷してしまう可能性があります。

まとめ

キレイモの脱毛効果を紹介しました。

成果の出やすい、しかも出にくい特徴など回数別の効果の現れ方などです。

解説した内容を覚えていただき、今後の脱毛におけるポイントにしていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました